メールでのお問い合わせ

Email.info@tsunagu-y.jp

お問い合わせ

ブログ

2024.07.07

“選べない症候群”からの脱却方法とは

結婚相談所でのお見合い。
積極的に活動して色んな方と会ってはみたものの、
それぞれにそれぞれの魅力があって、頭の中が混乱状態なんてことになるかも。


Aさんと会ってみて、
『あ、趣味の話が合うな…』
と思っても、次にお会いしたBさんとは別の価値観の一致を感じて
Cさんとはとにかく盛り上がった。

結婚相談所では【仮交際】という期間があり、
その期間中は複数人とデートを重ねて行ける時間。

そんな中、自分の気持ちがわからない…となる原因は【判断基準の増えすぎ】かも。
そうなってしまわないように今日は”選べない症候群”というお悩みの解決方法を
見ていきましょう!

■条件の軸を決める

世の中的に良いとされている結婚相手の条件ではなく
自分が軸に決めた条件からブレないようにすること。

活動を始めた頃は、
・笑顔が素敵な人
・家事が得意な人
・趣味が合う人
などこういう人に出会いたいな…と思っていたことでも

様々な人にお会いすると、
・収入が高い人が良いな
・仕事に理解がある人がいいな
など、どんどん条件が増えていくこともあるかも。

自分の理想とする条件と一致するポイントが多ければそれは嬉しいことだけど
その理想の人を求め続けていると、たくさんお見合いはしてみたものの
真剣交際にまでいけないという事が起こってきます。

結婚相談所では、とにかく”お会いすること”が大切になりますが
自分がどうしたいかがわからない!を避けるためには、軸からブレないことが大切です。

■逆の発想をしてみて

最初から自分の理想と思える人を見つけようとすると
少しでも理想と違う部分が見えてくると、あれ?ちょっと違うかな?と
早めにジャッジをしてしまいがち。

その上で、別の方とお会いすると、
あれ?この人も少し違うかも。この前会った人のほうが理想に近い気もする…
なんてことになると、それが混乱状態の引き金になります。

 

【最初から理想の人を見つける】から【今後一緒にいることで理想に近づく事ができそうか】
という発想に変えてみてください。

デートを重ねて、お互いが成長していく過程があるということを認識しておくと
広い視野でお相手と向き合えるようになります。

■幸せのカタチを決める

どんな状態になったら自分は幸せになれるだろう。と考えてみる。

なんでも話せること?
ずっと笑っていられること?
お互いを高め合えること?

結婚するという目標は変わらないけれど具体的にどういう状態になったら
幸せと感じられるか決めることで混乱状態になることを避けられる可能性があります。

■条件の可視化

ノートなどに条件を書き出して可視化してみることも効果的。
頭の中であれこれ考えるより、俯瞰で見ることで頭の中がクリアになります。
優先順位をつけることも忘れないでくださいね。

慌ただしい毎日の中で、自分時間を作ってゆっくりと自分と対話すると
リラックスして気持ちも前向きになります。

 

 

 

 

 

 

多くの人に出会う機会を作ることはとても良いこと。
だけど自分の気持がわからなくなる婚活バテになってしまうのは避けたいですよね。

婚活は気持ちのアップダウンが激しいけれど
焦らず、自分らしく婚活を楽しんでみてくださいね。

 

 

 

 

 

TSUNAGU横浜では無料相談をいつでも受付ています。
入会のご相談だけではなく、婚活のお悩み相談も大歓迎です。
入会の強要などは一切ありませんので安心してくださいね。

そもそも結婚相談所がどういうシステムかも分からない…なんて人も
まずはお話することから始めてみましょ。
お待ちしています。

資料請求(無料)

詳しい資料を見て判断したい方はこちらから

カウンセリング予約(無料)

ご相談は無料カウンセリングをご利用ください

メールでのお問い合わせ

info@tsunagu-y.jp

お問い合わせフォーム

TSUNAGU 横浜は全国結婚相談事業者連盟の優良相談所です

全国結婚相談事業者連盟(TMS)